台東森林公園

更新しました:2017-10-17

公開日:2015-01-06

153

ディテール

中山路の行き止まりにある敷地面積約280haの森林公園には、モクマオウが生い茂っており、黒々とうっそうとした林相は、台東市民に「黒森林」との愛称で呼ばれています。密生するモクマオウ林は、静かな湖をその中に隠しています。卑南溪が地下を通って河口の窪地に湧き出したもので、大小二個の繋がった湖面を形成しており、「琵琶湖」と呼ばれています。琵琶湖の景色は秀麗で、多くの水生動植物が暮らしています。湖畔には景観台、バードウォッチング小屋があり、水鳥を観察することができます。森林公園には專用のサイクリングロードと木の遊歩道が設けられ、ハイキングでも散步でも自転車でも、心穏やかに優美な湖景を堪能することができます。

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

周辺の観光スポット(21)

Top