金針山観光農業区

更新しました:2017-10-17

公開日:2013-05-17

749

ディテール

金針山は旧名を「鴨子蘭山」、「太麻里山」といいましたが、金針の一大産地となったことで今の名で呼ばれるようになりました。百合科に属する金針は、黄金色の針状で食べることもできます。每年秋に入ると収穫期が始まります。花は一日で萎れてしまうため、「一日美人」という優雅な呼び名を持っています。盛夏から秋にかけて山を一面に染める黄金色の金針花を見ようと、「忘憂花祭」に多くの人が詰め掛けます。この他、冬はあんずの花、桃の花、春はサクラ、ユリが咲き誇り、この上もない美しさです。金針山へ向う佳崙産業道路にはあずまやが設けられ、山と海、平原の風景を眺めることができ、日の出を見るにも最適です。太麻里街中国石油ガソリンスタンド正面の金針山入口から、車で約30分。午後は霧が出易いので、車で行く場合にはご注意ください。

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

周辺の観光スポット(5)

Top