関山旧駅

更新しました:2017-10-17

公開日:2013-05-20

160

ディテール

1919年にできた台鉄旧関山駅は1978年に役目を終えましたが、2008年一月、ジャイアント社が入居し、花東鉄路幹線にたった一つ残る日本統治時代の和洋折衷式駅として残されることになりました。駅建築の本体は西洋式ブロック構造で、屋根は二段式の傾斜したマンサード式設計です。マンサード式設計は、19世紀にナポレオン三世がフランスの公共建設に多用した屋根の様式で、壁面には半円形の換気窓と明り取り窓があり、日本統治時代建築によく見られる特徵を有しています。

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

周辺の観光スポット(5)

Top