撒布優原住民部落

更新しました:2017-10-17

公開日:2013-05-17

564

ディテール

新興村は海に面したパイワン族の原住民部落です。パイワン族はこの地を撒布優(sapulju)と呼びますが、これは「寂寞とした不毛の地」という意味です。村内の移住記念碑は、パイワン族の祖先が子孫の発展のため、深い山中からここに移住したことを示しています。撒布優原住民部落は8人の頭目が率いる八族で構成されていますが、八族は仲良く団結し大家族のようです。各頭目の家の前には、独特の風格を備える大きな石があり、そこには家族の歷史が記されています。「文建会コミュニティ営造計画」の賛助により、原住民部落は「青年会文化集会所(cakal)」を設置しました。青年会所はかつては原住民の人々にとって最も重要な軍事と文化の重心でしたが、今では村民の心をつなぐ場所となっています。同時に、農特製品の展示即売センターともなっており、有名な豊年祭も毎年ここで開催されます。

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

周辺の観光スポット(1)

Top