イノシシ窟レジャー農業区

更新しました:2017-12-22

公開日:2017-11-24

160

ディテール

「イノシシ窟」ではかつて、集まって水と戯れるイノシシがよく見られました。現在ではイノシシの姿を見るのは難しいですが、レジャー農場となった今は、四季折々に違った自然の姿を見ることができます。レジャー農業区から俯瞰すると南興、尚武海岸線が見られ、早朝であろうと午後であろうと、または黄昏時であろうと、山海の美景を目に収めることができます。

 「イノシシ窟」では1〜2月は梅が採れ、サクラの花見が楽しめ、3〜5月は桃の花、アブラギリの花、タイワンツツジが、6〜7月はホタル、野ユリ、野ボタンが、8〜9月はゲットウの花が見られます。秋冬には紅葉狩り、梅の花とタイワンフヨウの花が楽しめます。
 大武鄉一帯は台湾原生種のコチョウラン「台湾阿嬤」の産地で、11月から翌年6月まで可憐な姿を見せてくれます。

    レジャー農業区付近には原始林があり、その中の「千年ガジュマル」と呼ばれる老木の迫力ある姿は大自然の不思議な力を感じさせてくれます。

 山並みと海景が同時に眺められるここからは、朝は日出が見られ、夜は虫やカエルの声が聞こえるでしょう。耳に伝わる波の音は、あなたの眠りにやさしく寄り添ってくれます。

 ここでは四季折々の絶景が待っています。いつ訪れても満足いく旅ができるでしょう。

関連情報

公共交通 【台鉄】台東県大武駅で下車後、駅前でレンタカーを借りるか、送迎を頼めるかお問い合わせください
【バス】大武駅と台東市、屏東、高雄地区との間の長距離バスは国光客運が運行しています。大武駅と台東市との間のバスは鼎東客運が運行しており、途中のバス停で乗り降りでき便利です。

自分で運転 省道(台9線)を台東市から南下、または楓港から北上し、尚武村、または南興村入口から入る

旅行のヒント

山道はカーブが続き路面も平坦でないため、スピードを落とした上で運転にはご注意ください。

周辺の観光スポット(3)

Top