初鹿レジャー農業区

更新しました:2017-11-29

公開日:2017-11-24

196

ディテール

「初鹿レジャー農業区」内には「原生応用植物園」、「初鹿牧場」、「コーヒー生産/マーケティング班」、「初鹿168リゾート山荘」、「藍天レジャー農場」等があります。

 「原生応用植物園」は台湾東部では数少ないレジャー、農業、バイオテクノロジーの機能を兼ね備えた植物園で、解説員の説明を聞きながら、200種余りの台東原産の貴重な薬用植物について知識を深めることができます。「初鹿牧場」では馬車で牧場内を巡り、新鮮な牛乳、その牛乳を贅沢に使ったアイスクリームに舌鼓を打ちましょう。

 都会の気取ったカフェとは違う、肩肘張らない態度で、「深海コーヒー」と「ジャコウネココーヒー」を味わいましょう。コーヒーにはアートが似合います。「九鳥陶焼」の作家、廖光亮氏は「陶芸は材料であり先住民の声帯。作品を用いて先住民の声を伝える」と言います。その作品を見ていると、大自然といのちのデュエットを讃えようとする陶芸家の思いが伝わってくるでしょう。

 初鹿では、五感を研ぎ澄ます旅が待っています。

関連情報

公共交通 【台鉄】台鉄台東駅から鼎東客運で花蓮方面へ向かい、「初鹿」バス停で下車すぐ

自分で運転 台9線を花東縦谷方面へ走り、台東市から更生路を通り「緑色トンネル」を過ぎて、明峰村まで行けば到着

旅行のヒント

撮影スポット満載です。カメラをお忘れなく!

周辺の観光スポット(12)

Top