台東森林公園の「再進化」

更新しました:2019-04-15

公開日:2019-01-24

67

訊息內容

台東森林公園は、敷地300ヘクタール、台東で必ず寄りたいスポットです。県政府農業処によると、バリアフリー施設、展望台などが設置され、自転車道の「花のトンネル」も平らに舗装されました。2019年には観光サービス教育宣伝センターも追加し、更に多様化したサービスを提供する予定です。

台東森林公園は、敷地300ヘクタールで、元々は、行政院農業委員会林務局が管理する国有保安林地でした。最近、農業処による第1弾の5カ所、約115ヘクタールの無償での運用が完成しました。農業処長の許瑞貴によると、森林公園は最小限の開発を原則に、建物を増やさず、現在の建物を多用途に活用することを原則としています。そのため、林務科オフィス1Fに観光案内教育宣伝センターを設置し、旅行案内、農産品の展示、教育宣伝等の情報を提供する予定です。

関連写真

Top