梅の実 春を告げる甘酸っぱい幸せ味

更新しました:2017-11-29

公開日:2017-11-24

旬の作物 3~5月

町を育てる 延平郷、卑南郷、鹿野郷、関山鎮、海端郷、池上郷、東河郷、成功鎮、長濱郷、太麻里郷、金峰郷、大武郷、達仁郷

ディテール

梅は薔薇科に属し、温帯での栽培に適しています。中国と日本が原産地で、台湾では1月頃に白またはピンク色の花を咲かせ、淡い上品な香りを放ちます。

 梅の実の形は桃形と球形の中間で、表面には細かな絨毛があります。未成熟の果実は緑色ですが、熟すと黄色く変わります。

 貯蔵や運搬の便のため、梅は一般に青梅の内に収穫され、梅干し用として日本にも輸出され、または干した後に話梅(中華風味の甘い干し梅)の原料となります。

 台湾の梅の多くは、中央山脈東西両側の丘陵地で栽培されており、主要産地は南投県、台中県、台南県、高雄県、台東県などです。台東県の梅の生産量は全国第二で、東河鄉の栽培面積が最大です。

 梅は甘酸っぱい味ですが、アルカリ性食品で、クエン酸、リンゴ酸、コハク酸等を含み、疲労回復や食欲促進に効果があるとされ、料理にもよく用いられます。
Top