バンペイユ 甘酸っぱくジューシーな黄金フルーツ

更新しました:2017-11-29

公開日:2017-11-24

旬の作物 10~11月

町を育てる 延平郷、卑南郷、池上郷、東河郷、成功鎮、長濱郷、太麻里郷、大武郷、達仁郷

ディテール

台湾におけるバンペイユ栽培はすでに十分な歴史を刻んでいます。

 バンペイユはザボンの一種ですが、ザボンより大きく、形はまん丸に近く、淡い黄緑色の皮は光沢がありツヤツヤしています。果肉は甘さと酸っぱさのバランスが良く、独特の風味があります。平均して1200~2400gもの重さがあるため、大人数で分け合って食べるのにぴったりです。

 ザボンより糖度が高く味わいに深みがあります。しかも、バンペイユはビタミンCのほか、さまざまな栄養素を豊富に含み、果物に詳しい人はザボンよりバンペイユを選ぶようです。

 そのまま皮を剥いて食べる以外に、台湾では砂糖や塩、梅粉(中華風味の干し梅の粉)等をつけて酸味を和らげて食べることもあります。

 バンペイユを買う時には、皮の光沢と色に注意し、ずっしりと重さが感じられるものを選びましょう。重さは水分を豊富に含むことの証です。皮にも強い香りがあるため、食べ終わった後は日に当てて干しておきましょう。燃やすことで、蚊除けや除臭の効果が期待できます。
Top