バンレイシ(釈迦頭) 緑色をした台東県の黄金

更新しました:2017-12-22

公開日:2017-11-24

旬の作物 1~2月、8~12月

町を育てる 台東市、延平郷、卑南郷、鹿野郷、関山鎮、海端郷、池上郷、東河郷、成功鎮、長濱郷、太麻里郷、金峰郷、大武郷、達仁郷

ディテール

バンレイシ(釈迦頭)は独特の風味があります。糖度が高く、水分は少なく、カロリーが比較的高いフルーツです。水はけの良い砂質土壌、温暖で乾燥した気象環境での栽培に適しています。栽培過程は品種の違いによって、いくらか違いがあります。

   台湾のバンレイシ(釈迦頭)栽培面積は世界最大です。それだけでなく、台湾はバンレイシ(釈迦頭)の生産技術と生産されたバンレイシ(釈迦頭)の品質でも飛び抜けてすぐれています。台東のバンレイシ(釈迦頭)は品質が高く、台湾から輸出されるバンレイシ(釈迦頭)のうち三分の二は台東産で、中国、シンガポール、カナダ、香港等に輸出され、「フルーツ界の緑の黄金」と讃えられています。

バンレイシ(釈迦頭)の食べ方:
1.食べ頃にならない恐れがあるため、柔らかくなるまでは冷蔵庫に入れないでください。
2.バンレイシ(釈迦頭)を軽くつまんでみて、柔らかくなっていれば、食べ頃です。
3.一般に夏季は1〜3日で、冬季は3〜5日で食べ頃になります。
4.パイナップルバンレイシは冬季の場合3〜5日で食べ頃になります。
5.バンレイシ(釈迦頭)の熟成を速めたいなら、新聞紙で包むといいです。ゆっくりでいいなら、風通しの良い場所に普通に置いておきます。
6.普通のバンレイシ(釈迦頭)は手で皮が剥けますが、パイナップルバンレイシはナイフを使ってください。
7.果肉を取り出して密閉容器に入れれば、冷蔵庫の冷蔵室で5日間、冷凍庫内では一ヶ月保存できます。
Top