パイナップル 台湾三大フルーツの一つ

更新しました:2017-11-29

公開日:2017-11-24

旬の作物 全年

町を育てる 台東市、緑島郷、蘭嶼郷、延平郷、卑南郷、鹿野郷、関山鎮、海端郷、池上郷、東河郷、成功鎮、長濱郷、太麻里郷、大武郷、達仁郷

ディテール

パイナップルは熱帯の南アメリカを原産とし、気候が温暖で、雨量と気温の変化が小さく、しかも日照が十分な地域での栽培に適しています。

 台湾でのパイナップル栽培の歷史は、今を去ること300年前、清代康熙末年まで遡れ、現在は台湾中南部と東部の丘陵地に栽培が集中しています。台湾で主に栽培されているパイナップルは地元種、外来種、雑交改良種の三種です。

 糖分、クエン酸、リンゴ酸、ミネラル、繊維質などを含む栄養豊富なパイナップルですが、硬い皮を取り除かなければ食べられません。また、糖度は上部が最も高く、下に行くに従い酸味が強くなっていきます。パイナップルは水分が豊富で、馥郁とした香りも大きな魅力です。

 パイナップルを選ぶ際には、たっぷりと重さがあり、指で弾いてみて果肉のしっかりした感じが伝わってくるものを選ぶようにしましょう。
Top