コーヒー 独特な風味の「島嶼コーヒー」

更新しました:2017-11-29

公開日:2017-11-24

旬の作物 1~3月、10~12月

町を育てる 台東市、延平郷、卑南郷、鹿野郷、関山鎮、海端郷、池上郷、東河郷、成功鎮、長濱郷、太麻里郷、金峰郷、大武郷、達仁郷

ディテール

多くの人にとって、コーヒーブレイクは日常生活における欠かせないひと時でしょう。コーヒーの歷史は長く、品種もさまざまなものがありますが、栽培地の気候と地形に応じて、大まかに高原栽培、低地栽培、最低栽培の三つに分けられます。

 農家は果実の生産量を高めるため、通常はコーヒーの樹を2m以下に剪定します。熟したコーヒーの実はサクランボのような外観です。中には一対の種子があり、それを取り出したものがコーヒー豆で、皮をむき、発酵させ、焙煎することでようやく香り高いコーヒーが淹れられるようになるのです。

 台湾のコーヒー栽培は18世紀に始まりました。現在世界でコーヒーの栽培面積が最大なのはブラジルで、他国に比較し大規模な栽培が行われています。台湾のコーヒーは小規模農家により丁寧に栽培されています。日本統治時代に、台東地区には泰源盆地に育苗センターが設置されていました。台東は気温が適当で日照が十分なためコーヒーの生育に有利で、生産されるコーヒーには独特の風味があります。台東県政府と農会では、この独特の風味と高い品質を持つ台東産のコーヒーを「島嶼コーヒー」と名付け、多くの人に味わってもらいたいと知名度アップに努めています。
Top