アワ 台湾先住民族の伝統作物

更新しました:2017-11-29

公開日:2017-11-24

旬の作物 10~11月

町を育てる 台東市、蘭嶼郷、延平郷、卑南郷、海端郷、太麻里郷、金峰郷、大武郷、達仁郷

ディテール

アワは中国北方と台湾先住民部落でよく見られる作物です。アワ類の中でアワは生産量が二番目に高く、南欧を始めとする温帯、亜熱帯、熱帯アジアで広く栽培されています。温暖で湿度が高い地域でも、寒冷で乾燥した地域でも、日照が短くても栽培でき、生育期が短いという特徴を持つため、食糧危機を救ってくれる作物として期待されています。

 台湾では台東県の収穫量が最も多いですが、屏東、高雄、宜蘭、桃園でも栽培されています。「台東区農業改良場」では台湾アワが直面する品種混雑と生産量低下の問題を解決するため、10年間の研究の末、新品種「台東9号」を開発しました。この品種は栽培期間が短く、生産量が高く、病虫害にも強いという優れた特徴を備えており、台東地区の中、低海抜の乾燥した環境に適応します。生育が早く、現在主流のアワより早く収穫できるため、他の作物に対する影響を抑えながら、農家の収入を増やすことができます。
Top