台湾で最も重要な農作物

更新しました:2017-11-29

公開日:2017-11-24

旬の作物 全年

町を育てる 台東市、延平郷、卑南郷、鹿野郷、関山鎮、池上郷、東河郷、成功鎮、長濱郷、太麻里郷、大武郷、達仁郷

ディテール

    米は台湾に暮らす人々の主食であり、最も重要な農作物です。台湾の米は大まかに在来米、蓬萊米、もち米の三つに分けられます。もみを取り除いた後の米は玄米と言い、玄米は92%の胚乳と3%の胚芽、5%の米ぬか層を含みます。栄養価は高いですが、口当たりは少し劣ります。米ぬか層を取り除いたものが胚芽米で、さらに胚芽を取り除けば、多くの人が日常的に食べている精白米になります。

    花東縦谷平原は台湾の重要な水稲の産地です。台東県の池上鄉、関山鎮、鹿野鄉は縦谷平原の南側に位置し、気候、水質、土壌、環境のすべてが米作りに適しているため、ここで生産される米は台湾全島にその名を馳せています。中でも、台東県池上鄉の「台梗九号」はコンクールで優勝経験のある「冠軍(チャンピオン)米」で、また鹿野鄉の「福鹿米」は日本の物産展に何度も出展されています。さらに、関山鎮の「皇帝米」は日本統治時代には、皇室に献上されていた御用米でした。

 自転車で、台鉄で、縦谷平原を過ぎる時には、季節に応じて移り変わる緑の水田、黄金色の稲穂に目を奪われるでしょう。
Top